FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

VISA

今日は朝から、VISAに必要な書類をかき集めるために、町中を縦横無尽に走りつくしたぞ!!
日本の役所と一緒、言語がわかってもわからなくても待たせるあたりとか同じだよな。
まず朝の8時に健康保険の元締めのところへ。(町の東の端っこ)最初病院へ突撃してしまい、事務局に送り届けられる。オバサンなんでかやたら愛想がいい。これはポーランド人には極めて珍しいので驚いてしまうが、笑顔の対応が嬉しいのは言うまでもないのです。
「貴方学生さん?じゃセントラルに行ってね!」
わざわざ端っこまで来たのにー。
次いでセントラルの病院へ。
「事務局に行ってね」
事務局へ。
「ここじゃないですよ?あっちの高い建物の真ん中へ行ってください」

高い建物につき物のエレベーターがごとごと音で怖すぎだよポーランド。
高い建物内の担当事務室へ。
「パスポートのコピーと、学生証明書のコピーとっておいでー」
言われたものを用意してまたしても事務室へ。
「こっから歩いて500mにある、保険庁へ行ってらっしゃい」
保険庁へ。
「部屋はあっち」
3番の部屋へ。
「んーっと書類は全部ありますね、OK!じゃ銀行へ行ってください」
銀行へ。
「これはうちで振り込めないよ?保険庁へ戻りなさい」
保険庁へ。
「うちはお金を受け取らないのよ、銀行を探してくれる?」

近くの銀行を教えられるも警察署しかなく、しかも周囲には明らかに中の人に関係している、イヤーな空気をまとったおっさんたち。しょうがないのでセントラルまで歩いて出る。
銀行へ。
「うちの銀行では取り扱ってないわね、他のところへ行きなさい」
他の銀行へ。
「やったことないからわからないな、一度、保険庁へ戻ったら?」
遠いからめんどくさい、更に別の銀行へ。
「あなたこれ郵便局で振り込むものよ」…先に言えや!!
郵便局へ。

ここで私は私の天使に出会う。
今まで用意した書類を見ることもせずに、
わからん、と断言してたオバサンたちと違い、
じっくりと最初から最後まで手持ちのポーランド語の細かい文字を読んでくれた、可愛いくて若いお姉さん。

君は私の天使だ!

そして天使が支払い証明書を作ってくれたのが…16時半でした。
8時間もこんなことやってんだよね。
途中でネットカフェで銀行の預金残高照会とかもしたけども、
しかしそれにしても流される回される。外国人って本当可哀想だ…
銀行のオバサンがた、こんな健康保険の振込みなんて、
しょっちゅうあることだろうのに、なんで知らないとか意地悪を言うかな!てか覚えてないですかそうですか。
スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

コメント

書類集めお疲れ様でした;;
まるでドラクエ2のサマルトリアの王子を探すかのごとく
あちらへこちらへ走らされましたね(´・ω・`)
ほんといじめとかしか思えないその対応;
ともあれいいお姉さんに助けてもらえてよかったです(´・ω・`)b

俺も前、7時過ぎに電話をかけろと言われたのでかけてみたら
即切られ、もう一度かけなおしたら「電話対応の時間は終わりました」
なんて自動返答されたことがあります…orz
ちゃんとはたらけーーーヽ(`Д´)ノ

お疲れ様でしたー。
市営住宅の書類で何度も何度も役所へ行かされましたよ。毎回確認してもらって「お預かりします」って言うのにさ、家帰って即電話「記入間違いがあったのでお暇な時来て下さい」
こちとら忙しいんじゃ!受け付けにわかるヤツ置いとけ!
って感じでしたー。
そういえば、その提出した書類の件で11月の頭に葉書が来るはずなんだけど、未だ来てないなぁ…。
その書類自体が、無意味だったのか!?ヤラレタ…orz

結論!役所はどこもかしこもやることが適当!!
ホントすごい迷惑だわ--

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。